2020年1月19日日曜日

デートに行ってきた(1回目)(YAさん)

マッチングアプリで知り合ったYAさんとのデートに行ってきた。


YAさんの家の近くにあるオシャレな隠れ家的な飲食店だ。
YAさんもそこにお店があるなんて知らなかったというくらいだからな。
単にネットで一生懸命女性が好きそうなお店を探しただけなんだけどね。


どんな人だろうとドキドキ。
ある意味、どんな人だろうとドキドキしている時が一番楽しいというか。
魅力的な女性だったらどうしようとか。
魅力的な女性だったら何を話せばいいかなとか。
バラ色の人生が待っているかもって。
まぁ、ほとんどの場合、いつもそこがピークなんだけどな。
なかなかね。魅力的な女性と出会えないのが悔しい。


YAさんが時間どおりに到着。
まぁ、うん。
ここには書かないでおこう。
まぁ、こんなもんだよね。

YAさんが「穏やかな人で良かったです。」と褒めたようなことを言ってきたので、私もお世辞で「こんな美人な人だと思わなかったです。緊張します。」と言っておいた。
つかみはオッケー的な。

仕事や趣味などの話をした。
少し気取った感じはあるが悪い人ではないかな。
あと、少し意識高い系かな。
あと、少し…、やめておこう。


まぁ、基本は和やかな感じで話をした。
気になったのは、薬剤師で自立しているから結婚は別に急いでないんだよね発言だ。
いやいや、もうあなた30代前半なんですよ、もう焦らないといけない年齢ですよ、そろそろ現実見ないといけない年齢ですよと言いたい所をグッとこらえた。
少しプライドが高い女性のようだ。
病院勤務だからか、心の中では医者と結婚したいと思っているのかもしれない。
そういえば、医者とデートして○○で○○食べて美味しかったとかなんとかって言ってたり(YAさんと結婚するつもりがあるならそういう店に連れて行けってことかい?いや、そんな高級店サラリーマンには無理でしょ)。
病院勤務はドラッグストア勤務とは仕事のレベルが違うみたいな話を熱心にしていた。
なんか自慢話的な話も多い。


なんだか私と合わないなと思った。
こういう、ただの意識高い系の女性って苦手なんだよね。
そう思っていたのだが、私がうんうん、大変だね、大丈夫?と話を聞いていたからだろうか、次もまた会おうという話になってしまった。
なんでだ?(笑)
まぁ、プライドが高そうだから、私から断ったら発狂しそうだ。


と、まぁ、なんか悪口みたいな書きぶりになってしまっているが、顔もどちらかと言えば美人系に見えなくもないし、32歳以下だし、職業は薬剤師だし、ある意味向上心がある(ある意味でだけど)。
悪くはないのではないだろうか。


てなわけで、もう1回だけ会ってみるか。
もしかしたら、タダ飯して単に自慢話をする相手が欲しいだけなのかもしれないしな。

11 件のコメント:

  1. 文句ばっかりだな。お前何様だ?
    どうせコメント読まないだろうし、返信もしないだろうから何書いても無駄だと思うけど、減点方式で女性見ることやめないとお前一生結婚できないよ

    返信削除
  2. バラ色の人生てて…。
    好みの女性でも、お互いにひかれ合わなければ意味無いのに、引きこもりさんの頭がバラ色ですよね(´д`|||)

    返信削除
  3. 相手に対する文句しか言ってないですね。
    スタートでそれなら、改善は不可能なので見切りつけてください。
    時間が惜しいんですよね??

    返信削除
  4. ものすごく上から目線ですね。

    返信削除
  5. 次に会う気がないなら今から断ればいい。
    プライドが高いのは引きこもりも一緒じゃないか。

    返信削除
  6. 引きこもりさんは、年々精神も肉体も劣化してますね。負の感情に捕らわれてる結果です。引きこもりさんにこの先、良い縁は巡って来ないでしょう。逆に悪いことが起きます。

    返信削除
  7. このコメントは投稿者によって削除されました。

    返信削除
  8. 引きこもりにとって、魅力的と意識的高い系の違いって、何だ?説明しろ。

    返信削除
    返信
    1. あっそれ気になる。
      イキイキと明るく働いてくれる魅力ある意識高くない人ってこと???
      どんな人かイメージつかないです。

      削除
  9. なんとなくでも違和感をおぼえる場合は直感に従った方がいいかもしれませんね

    返信削除
  10. 今までの人生がバラ色じゃないのに、結婚して急にバラ色になるわけないと思うんですけど。相手に自分の人生をバラ色にしてもらおうと思っているんですか?

    返信削除