2019年10月20日日曜日

デートに行ってきた(5回目)(TSさん)

TSさんとのデートに行ってきた。

長距離運転ドライブだ。
県外のかなり遠くまで行った。
どこというのは、身バレもあるので書かないでおく。
高速に乗ってかなりの時間走ったので、相当な距離だ。
ここまで遠くに女性と来たのは初めてだ。

今回は長距離ドライブだからか、TSさんが色々と用意してくれていた。
ドライブ用の音楽や、お茶、軽くつまめるお菓子などなど。
意外と気が利くね。

他の女性もこれくらいしてもらいたいよ。
婚活女性は、求めてばかりで自分から何かを与えようとしない人が多いからな。
もうマグロだ。
言われるがまま常に受け身。
TSさんは違うわ。


そんな感じで楽しくドライブ。


目的地に着いて、腹ごしらえするかと思って、○○に行こうって言ったら、ごめん違う料理が食べたいって。
ただ今回は、TSさんが店を提案してくれて、そこに行った。
なかなか良いお店だった。

その後は、観光スポットの○○へ。
まぁ、○○は○○だよねって感じかな。
退屈はしなかったが、○○は○○だから特に何もない。
TSさんは満足したようだ。
良かった。


帰りがけは恋愛話。
またまた、TSさんは押しに弱くて断れないんだよねという話を始めた。
「付き合ってと言われたら、とりあえず付き合ってみるのが普通でない?」と言われた。
私は、それは違うと思うけどなと素直に答えてしまった。
この前から、付き合ってと言われたら誰でも付き合うタイプという話にTSさんが持っていっているのは、私に「付き合って」と言ってもらいたいからなのかもしれない。
ただ、私はまだ決めかねているので言えないな。


家にだいぶ戻ってきた所で、突然、「○○さんって、どんな女性が好きなの?」と聞かれた。
私は「モテるマンガ」を参考に答えた(ブログには身バレの危険があるので書かないでおく)。
TSさんは、「○○さんって変わってるね。」と言って、気のせいか、そのあたりから口数が少なくなった。
まぁ、すぐに着いたから数分なのだが。


家に帰ってから、TSさんからLINEが来ない。
いつもなら、楽しかったよLINEが来るのだが。
どうしたんだろう?
私の方からLINEしてみたのだが、既読が付いても返信が無い。
忙しいのだろうか。

28 件のコメント:

  1. 引きこもりの答えた好みの女性のタイプの回答がTSさんの思ってる内容と違ったんだろう。

    返信削除
    返信
    1. そうなのかもね。
      ズバリTSさんに当てはまります、TSさんのことを言ってるんですみたいなことを言うべきだったかな。

      削除
  2. 好みのタイプを聞かれた時の返答が問題だったかもしれません

    返信削除
  3. 五回も会って口説かなかったら、大抵そうなりますよ。交際経験ないからツメが甘いのか、もう無理だなってTSさんも疲れたのでは?
    まだチャンスあるなら口説いた方が良いですよ。付き合う気ないなら仕方ないですが、後悔しないように。

    返信削除
    返信
    1. 全部向こうからお膳立てしてもらわないと何もできないみたいですね。このブログもすでに2年が経過していますが、ブログ主は何一つ成長できていないように見受けられます。

      削除
    2. TSさん的には「せっかく告白しやすい雰囲気を作ったのに告白されなかった。引きこもりは自分に気がないのかも。自分に気があったとしても今回告白してこなかった意気地なしとはもう会いたくない。」って気分だと思う。

      削除
  4. あなたは、婚活の場で恋活してるからわけのわからない事になるのですよ。

    婚活は
    相手の人と一緒にずっと生活していけそうか
    後に好きになれそうか
    を判断する場所です。
    なので3回までにそれを見極めて、交際を申し込みます。

    一方、恋活は相手を好きになってから交際を申し込むので、その意識の差が出てするのです。
    とはいえ、恋活でも最低4回目には交際申し込むものですけどね。

    好きになるのに時間が掛かる
    好きになるのに何回も何回も会わないとわからない
    のであれば婚活や恋活市場から身を引いたほうが良いです。
    地域の趣味サークル等で相手を探して、好きになってからアタックしてくださいな。

    返信削除
    返信
    1. 恋の延長線上に結婚があると思います。
      女性だって、恋愛の延長線上に幸せな結婚があると信じていると思います。
      (男は違う人も多いけどね)

      削除
    2. 何も分かってないみたいですね。

      削除
  5. あーあ、やっちまったな笑
    婚活はしたことないからしらんが
    恋愛では鉄は熱いうちに叩け!が
    基本中の基本でしょ!
    今回のデートがまさに熱さの
    ピークだったんじゃないの?

    返信削除
  6. モテる漫画は婚活というより恋活に近い内容だから婚活の場だと齟齬が生じる。

    返信削除
  7. やっぱりタイミングを逃しまたしたね😅

    返信削除
  8. 好意もない若い女の子とドライブして食事を奢ってあげたいだけおじさん、だと思われたんだね。
    引きこもりの言動をみれば、そりゃそうだ。

    返信削除
  9. TSさんは多分、少し恋愛依存気味で
    必要としてくれる、好意を向けてくれる異性に弱いタイプなんじゃない?

    ひきこもりが何度も誘ったから、年齢離れてるけど自分のことを気に入ってくれてるならって食事行ってみた。
    でも、好きだとも付き合いたいとも言ってこない。
    ああ、この人別に私のことさほど好きじゃないんだなと醒めつつも
    付き合ってと言われたら~の発言。
    これは、まだお互いよく知らないけど付き合いながら知っていけばいいんじゃありませんか、というTSさんなりの提案、最後通告だったと思う。

    なのに、ひきこもりの返事は「自分はそう思わない、価値観が違う」

    これは、もう無理でしょうね…

    返信削除
  10. 婚活女性は、求めてばかりで自分から何かを与えようとしない人が多いからな。
    もうマグロだ。
    言われるがまま常に受け身。


    何言ってんの。
    尽くしたい相手、好きになってほしい相手だったら自然と尽くすから。
    やらないってことは別に貴方に対して
    そこまでの感情じゃない、ってこと。
    尽くしたいって思わせられる魅力が貴方にない、ってことだから。

    返信削除
  11. あ~あ・・・以前から多数の人が色々とヒントをくれたのにやってしまいましたね。
    千載一遇のチャンスだったのに。


    >家にだいぶ戻ってきた所で、突然、「○○さんって、どんな女性が好きなの?」と聞かれた。
    私は「モテるマンガ」を参考に答えた(ブログには身バレの危険があるので書かないでおく)。


    これ、最低最悪です。
    何で好きなタイプは?って聞かれてるのに自分の言葉で答えないのですか?
    モテるマンガを参考に?はっきり言って超大馬鹿ですよ。

    どうしたんだろう?って返事無い事に対してそう思っているのなら、
    もう救いようが無いですよ。

    ハッキリ言って、モテるマンガを捨てて内容も記憶の彼方から消去した方がいいです。
    このブログ見てから興味本位で本を見たことあるので内容的にはなるほどなと思う所もありましたが、貴方にはこの本で学んだであろう事そのものが枷になり、男女付き合いの考え方すら支配されていますよ。

    返信削除
    返信
    1. 自分の言葉。
      今思えばそうだったな。
      でも、歌と同じかな。
      気持ちを込めて歌ったからといって、気持ちがこもった歌に聞こえるわけではない。
      気持ちがこもったように歌う必要があるのだ。

      削除
    2. 思春期の高校生みたいなセリフやな。
      いい大人が恥ずかしい。

      削除
  12. せっかくチャンスがあったのに逃してしまったのか。
    TSさんとはもう無いだろうが、ストックもある事だし、次に活かして頑張っていこう。

    返信削除
  13. チャンス逃しましたね、、

    返信削除
  14. 20代の若い子が参加するパーティーに年齢で弾かれ参加できずストック尽きているのですよね
    ラストチャンスでしたね
    御愁傷様

    返信削除
  15. TSさんと結婚するなら婿養子なんだっけ。
    女性側の家に入るのって大変だし、終わらせる良い機会だったのでは。
    さほど魅力的でもなかったんでしょ?
    やっぱり魅力的な人は歳をとっても魅力的なので、若さだけでは決め手に欠けるね。

    返信削除
  16. TSさんの話題ではコメント欄がにぎわいますね。
    やっぱり、二十代の若い子とデートすると、みんな羨んだり、僻んだりするわけです。
    TSさんと付き合えれば、ここの人たちを見返すことができますよ。

    返信削除
  17. 年収が人並みより若干上という以外に、何の取柄も趣味もなく、つまらん飲み会すら断れない超絶ヘタレの上に、高校生が読むような薄っぺらいHowto本を妄信するようなお前に、まぐれと奇跡と偶然が重なって、最初で最後、まさに千載一遇の大チャンスをくれたTSの機嫌を大いにそこねたことをわかってるか?

    わかってなさそうだな。チャンスには後ろ髪はない。
    何十年か後になって「あれが最初で最後の結婚の機会だったんだな・・」ということがわかるだろうが時すでに遅しだ。

    これまで「今日はこのアホがどんなアホなブログ書いてるのか」と思って見てきたが、ここまでバカだとは思わなかった。

    返信削除